お金は天下の周り物!

お金は天下の周り物!

お金はあるところにある、回ってこないだけ

お金は天下の周り物!

お金がないなーと思っても、芦屋の家の並びを見たら、ここにいっぱいお金があるなというのがわかります。家の中にお金に換金できそうなアイテムがいっぱいあるのではないかなという気がします。しかし、社会のルールでいえば会社以外では稼げないから、家の並びを見たところでお金が入るわけではありません。そこがちょっと残念です。

 

その家を1軒でも自分のものにできればそれでよいわけですが、買うのにどれだけをお金を使う必要があるかということです。何かの仕事を普通にがんばっても無理です。特別な稼ぎがないと、人よりお金持ちにはなれません。悪どい商売があるかもしれないし実際のところは具体的にはわかりませんが、お金があるということで少なくとも家を親世代から相続して次の家主になっていくでしょう。問題は家以上に、お金だけは最近の冷え込んだ経済では獲得が難しいことです。

 

梅田のような主要なターミナルになっているようなところであれば、客商売は幾らでもできるかもしれませんが、出店できるだけでもお金持ちに見えます。日本人の裕福さは常識を逸脱するほどの豊かさです。一見するとどこにでもいるような人でも、ちゃっかりお金だけは持っているかもしれません。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読